平成の年号が終るかもしれないということ

今年の大きな話題として今上天皇陛下の生前譲位についてがありました。

 

まだ、これからの議論と言うことになるのでしょうが、平成と言う年号が変わるかもしれないというでもあります。

 

西暦にもだんだん慣れてきていますが、それでもあちらこちらで平成と言う年号は記入しなければならないことも多く、新しい年号になれば当分は慣れないことになるだろうともう心配を始めています。

 

私たちの世代では昭和の時代が終ったときに内閣の官房長官が筆書きした「平成」と言う文字がテレビニュースに移った場面が非常に印象的に覚えていますが、そのような場面をまた見ることのなるのでしょうか。そうなれば、どのような年号になるのかはちょっとワクワク感があります。

 

今年は平成何年だと言えるようになりました

結婚してから夫の希望で会社をやめて専業主婦になりました。私は仕事が大好きだったので、専業主婦になって毎日退屈で悩んでいたのですが、数年経つと専業主婦にすっかり慣れてしまったんですよね。

 

時々今年って平成何年だったかしら?なんて思うんです。毎日があっという間に過ぎてしまい、日にちがだんだんわからなくなってきていて少し焦りました。

 

夫にその話をすると、「今年が平成何年かもわからないなんて」と言われてバカにされました。やっぱり社会に出ないとそういうこと、忘れてしまいますね。

 

これがきっかけで夫に働きに出たいと言い、夫がOKしてくれました。今はしっかりと今年は平成何年だって言えます!良かったです。働いているとボケませんね。