平成は色々変化がありました

「平成」になってから、だいぶ経ちましたね。初めて聞いた時は何だかしっくり来なくて、不思議な感じでしたが慣れる物です。自分が一昔前の人間の様な気がして、ちょっと複雑でもありましたが。こんなに慣れ親しんだ「平成」もいつかは変わるんですよね。

 

次はどんなのになるんだろうと期待感もありますが、一つの時代が終わってしまうと言うのは淋しい気もします。またまた自分が古い人間になりますし。

 

一番自分にとって変化のあったのは、昭和では無く平成。社会人になったのも、結婚したのも、出産して母親になったのも平成です。これからどのぐらい平成が続くかわかりませんが、どんな事が起きるでしょうか。自分にとっても世の中にとっても、嬉しい変化が多い事を期待します。

テレビ画面に映った「平成」の文字

もうすぐ30年目に入ろうとする平成と言う元号ですが、いまだに慣れないと言う方も多いんじゃないでしょうか。

 

 

特に、年月日を自分の手で書かないと行けないような学生時代や働き盛りの時期の殆どを昭和という時代に過ごした弊害だと考えるのですけど。
昭和と西暦の場合、25を足し引きすることで、それぞれの年数が簡単に割り出せたのもあるのかもしれませんね。
これが平成と西暦になるとどうなるのか・・・。

 

テレビ画面で、「新しい元号は平成です」と墨書きの文字を見た記憶は、今でも鮮明に覚えています。

 

まさか、元号の切り替わるタイミングに出くわすなんて思ってもいなかったので、妙に神妙に画面を見入った記憶があります。

 

あれからもう28年経ちました。時に流れの早さをつくづく感じます。